電羊倉庫

嘘をつく練習と雑文・感想など。ウェブサイト(https://electricsheepsf.web.fc2.com/index.htm)※「創作」タグの記事は全てフィクションです。

フィリップ・K・ディック『人間狩り』[ホラーテイストなディック作品集]

 収録作の半分弱が既読。ダーク・ファンタジー・コレクションの第一弾として刊行され、全体的にホラーや怪奇色の強い作品が収録されている。唯一ユーモラスといえるのは「よいカモ」くらいだけど、これもどちらかというとブラックユーモアであまり素直には笑えない。薄暗い人生の物語。大森望編『ディック短編傑作選』シリーズで書いた作品の感想は省略して初読の作品のみ記述。

 

爬行動物」(The Crawlers)翻訳:仁賀克雄

 ディックにしては珍しく非人間の視点が挿入されている作品。登場人物たちの会話がどこかふわふわしていて話の筋が頭に入りにくいけれど、話の筋自体はモンスターホラーとして王道。どこか牧歌的でパニックは起こさないけれど生理的嫌悪感やそれに伴う眼をそむけたくなる哀しさがある。オチがけっこう秀逸で個人的にはけっこう好き。まあ先祖返りってそういうことではないのだろうけど……。

 

「よいカモ」(Fair Game)翻訳:仁賀克雄

 上位存在(?)。文化寄生体という発想から自分が狙われている理由を考察するのは知識人としてのプライド≒驕りでこれがオチを際立たせている。車による逃走劇は「この卑しい地上に」みたいでかなり良かった。設定とオチはわりとオーソドックスでコミカルだけどこれから起きることを考えるとけっこうブラックでもある。ただ、どこが「Fair Game」なのかはよくわからない。いや、人類にとってじゃなくて釣り人たちの間では、ということだったのか。

 

「おせっかいやき」(Meddler)翻訳:仁賀克雄

 古典的なタイムトラベルもの。鶏が先か卵か先かという典型的因果律の問題を絶望的な方面で使用している。モンスターホラー/パニックホラーに分類される作品で、全体的に描写が映像的で没入感もある。物語の筋はわりとシンプルだけどギミックが印象的で特に毒性の蝶という設定が印象に残っている。タイトルは「いらんことをしやがった」みたいな文脈かな。

 

「火星探査班」(Survey Team)翻訳:仁賀克雄

 なんだか星新一味を感じる一作。宇宙SFとしてはオーソドックスでちゃんと面白いけれどディック要素はかなり薄目だと思う。人類の種としての身勝手さを向上心と紙一重の傲慢さとして描くのもSFとしては王道。破綻もないし良い作品だと思うけど「想起装置」を読んだときのなんともいえない感情に近いものがある。P189のピクニッカーに例えた台詞が印象深い。

 

「サーヴィス訪問」(Service Call)翻訳:仁賀克雄

 思想統制はディックの短編小説によくでてくるモチーフの一つだけど、これが(いまはあまり見られなくなった)訪問販売員的な存在と絡めているのが本作の特色。ほとんどすべてが閉じた空間で完結するから舞台演劇に向いた物語じゃないかな。タイムスリップSFでもあり、これがオチに寄与しているのが個人的には好印象。どこか軽さのある絶望的な時間SFという意味では「おせっかいやき」に通じるところがある。

 

「展示品」(Exhibit Piece)翻訳:仁賀克雄

 現実崩壊。かなり好きな作品。人造物の中に入ることで徐々に現実を侵食されてしまう描写はディックの面目躍如。見当識がグラデーションを描いて失われ再獲得される。そしてラストによって主人公の妄想がある程度の理性に支えられていたものだということが示される。現実か人造物かを選択する(……というかどちらが「現実」であるかを宣言する)のはディックにしてはやや珍しいけれど、そこが本作の特色≒長所でもあると思う。現代っぽくするならゲームの世界とかになるのかな……と書いてて思い出したけどChannel 4『エレクトリック・ドリームズ』ではキッチリ仮想空間的なものに置き換えられてましたね。本書の初読作品の中では一番好き。

 

 

――――――――

 作品の傾向としてはダーク・ファンタジー・コレクションと銘打っているだけあって暗めの作品が多いけれど名に反して幻想的な作品はあまり多くない。ややホラー的な作品が多いのはディックの短編集としては珍しく、珈琲をお供に夕暮れから夜にかけて読みたくなる一冊。

 訳者解説ではディックの初期作品への愛と晩年の神学を題材にした作品(いわゆるヴァリス三部作)への批判が述べられている。ほぼ同感だけど、短編に関して言えば晩年の作品も割と好きだけど、どう思ってたんだろうというのは気になる。

 ベストは「ハンキング・ストレンジャー」と「人間狩り」の二択になってしまう。難しいけれど……うーん……やっぱり「人間狩り」だ。サスペンスとSFとディック味が最良のバランスをとっている。個別感想でも書いたけど初読の作品に限れば「展示品」が一番好きだけど、この二作にはやっぱり敵わないかなあ。

 

 

収録作一覧(リンク先に感想あり)

「パパふたり」*1
「ハンキング・ストレンジャー」*2
爬行動物」
「よいカモ」
「おせっかいやき」
「ナニー」
「偽物」*3
「火星探査班」
「サーヴィス訪問」
「展示品」
「人間狩り」*4

*1:別題:「父さんもどき」

*2:別題:「吊るされたよそ者」

*3:別題:「にせもの」

*4:別題:「変種第二号」